カイジについて

”自暴自棄かつ自堕落な日々を過ごしてきた漫画の主人公である伊藤開司(通称カイジ)が、なぜだか友人の保証人となってしまい、多額の負債を抱えてしまったことをきっかけとして、生き抜く為に命を賭けて、人間の極限と言われる精神状態かつ極限の状態で比類なき漲る度胸と溢れる才能で様々なギャンブルに挑んでいく漫画である。”

カジノをするカイジ

作者は福本伸行であり、「賭博黙示録カイジ」「賭博破戒録カイジ」「賭博堕天録カイジ」「賭博堕天録カイジ 和也編」「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」「賭博堕天録カイジ 24億脱出編」の6作品があり、週刊ヤングマガジンで連載された。現在は「賭博堕天録カイジ 24億脱出編」が連載されています。本作品の特徴としては、現実の世界には存在しないギャンブルがあって、様々な描写が細かく描かれていて、特にカイジのギャンブル挑む心理戦の描写は他の作品と比較したとしても負ける要素がないくらい秀でているのではないかと思います。もしかしたら、裏社会ではあるかも知れませんが、真っ当な人間世界では間違いなく存在しません。人の思考・生きざま・葛藤・追い詰められた時人はどうなるのか?などのありとあらゆるものが描かれているのが特徴と思います。漫画内で「ザワザワ‥ザワ‥」の擬音を多く描かれていますが、何かが起きるのではないか?と思うくらいです。実際に漫画をベースとして映画も作られており、「ザワザワ」を聞いたときに、寒気がするくらい良い意味で震えてしまったのを今でも覚えております。映画化されたことで迫力がありとても、印象に残っております。